こんなに印象が違う!チェーンの長さ別、ネックレスの見本帳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

首もとを華やかに彩ったり、縦ラインを強調して上半身をすっきり見せたり…。アクセサリーの中でもネックレスは、見る人に与える印象やコーディネートの完成度を左右する、女性のオシャレに欠かせないアイテムです。

一口にネックレスと言っても、チェーンの長さやモチーフはさまざま。つけるものによって、着こなしの雰囲気やムードまでも変わってきます。

ネックレスのチェーンの長さやモチーフによって、どんな違いがあるのでしょうか?それぞれどのように見えるのか、比べてみました。

ネックレスのチェーンの長さは大きく分けて5種類!

ネックレスはチェーンの長さによって言い方があるのを知っていますか?チェーンの長さは大きく分けて5種類。短いものから順番に見ていきましょう。

首に沿うようにフィットする「チョーカー」

チョーカー

「首を絞める」という意味の「choke」が語源になっている「チョーカー」。チェーンの長さは約30cm~40cmで、アクセサリーの中でも一番タイトなタイプです。

一般的にネックレスと呼ばれている長さが「プリンセス」

プリンセス

一般的にネックレスと呼ばれている基準のサイズが「プリンセス」。お姫様がドレスに合わせて付けているような長さであることからこの名前が付けられ、長さは約40cm~45cm。

大きめのモチーフや重ね付けに使える「マチネ」

マチネ

トップの部分が胸もと付近までくる、約50cm~60cmの長さが「マチネ」。ミュージカルや演劇などの昼間の公演のことをフランス語でマチネといい、昼の社交界で女性が付けていた長さから名付けられたとか。

パーティールックにぴったりの「オペラ」

オペラ

約70cm~80cmの胸の下あたりまでの長さになる「オペラ」。このあたりからロングネッレクスになり、頭からかぶって付けられる長さになります。昼に開催される公演をマチネと呼ぶのに対して、夜に開催されるものがオペラ。華やかな夜のパーティールックにも映える目を引く長さです。

縦ラインを強調してくれる「ロープ」

ロープ

約100cm以上ある、ネックレスの中で一番長いものが「ロープ」。長さがあるので、2、3重に巻いたり、下の方で軽く結んだりとアレンジができるのが魅力。縦ラインが強調されて、上半身がすっきり見える効果もあります。

ネックレスのデザインやモチーフの大きさによって変わる印象の違い

ネックレスは、チェーンの長さが同じでもデザインやモチーフの大きさによって印象が変わります。代表的なタイプで見比べてみましょう。

デザインによる印象の違い

Uネックレス

ラウンド型のデザインは、柔らかくフェミニンな印象に。カジュアルな着こなしのときや、少し女性らしさを投入したいときはこちらがおすすめです。

Vネックレス

V字デザインはシャープな印象なので、スタイリッシュなイメージに。下に伸びるイメージがあるので、首もとを縦長に見せたいときはV字ですっきり見せて。

-ネックレス

辛口な雰囲気のライン型デザインは、首もとをクールに知的に見せてくれます。エッジを利かせた首もとを演出したいときは使えます。

モチーフの大きさによる印象の違い

プリンセス小

モチーフが小さめのデザインは、見る人へ華奢な印象を与えてくれます。さりげなく首もとを彩りたいときや、重ねづけに重宝しそうです。

プリンセス大

一粒モチーフが印象的に見えるサイズは、シンプルで上品な首もとを演出します。見たときにパッと目を引き付けてくれるのが魅力です。

モチーフ

デザイン性のある大きめデザインは首もとのワンポイントに。インパクトがあるので、モチーフのデザインで着こなしが楽しめそうです。

チェーンの長さ別、おすすめのコーディネート

チェーンの長さによって変わる言い方やモチーフによる見え方の違いが分かったところで、それぞれのネックレスに合うコーディネートをチェックしてみましょう!ネックラインや首もとのデザインなどで、似合うネックレスも違ってくるので、ぜひコーディネートの参考に。

チョーカーコーデ

上品な印象を与えるメタルのチョーカーは、ボートネックなどの首もとが開いたデザインがおすすめです。大人っぽくシックな雰囲気なので、きれいめな印象を与えるトップスで品の良さを高めてみてください。首もとにフィットするので、重ねづけしてもOKです!

ラインコーデ

首のラインをすっきり見せ、つけたときに一番上品に見えるプリンセスは、ワンピースやドレスなどのエレガントな着こなしに加え、シャツなどのオフィスルックにも使えます。シャツの襟もとからベストなバランス感で首もとを演出してくれるうえ、品の良さも引き立ててくれます。

マチネコーデ

マチネはトップの部分が胸もとのあたりにくるので、ペンダントトップは大ぶりなデザインで印象的に見せるのがおすすめ。首もとが大きく開いたシックなワンピースやパーティードレスなどにも合います。

オペラコーデ

オペラは長さがあるので首もとがしまっているタートルネックと好相性。少しカジュアルなタートルネックのムードを品よくドレスアップしてくれます。

ロープコーデ

縦ラインを強調して着やせ効果も狙えるロープは、首もとが詰まったクルーネックで縦長を意識。ロープの縦長効果で、上半身がすっきり見えます。

重ね付けコーデ

プリンセスとマチネの重ね付けは、首もとの存在感がアップします。シンプルなトップスのときや、胸もとを少し華やかに彩りたいときは、重ねづけをしてネックレスの組み合わせを楽しんでみるのもオススメです!

プリンセスパール

パールのプリンセス。長さはプリンセスでも、インパクトのあるパールになると印象がかなり違ってきます。首もとのアクセントに、また品の良さをプラスするアイテムとして、女性らしさを加えたいときに大きく力を発揮してくれそうです。

まとめ

写真に撮って比べてみると、ネックレスはチェーンの長さやモチーフによって、印象や見え方全く違いますよね。自分に合う「プリンセス」は〇cm、この洋服を引き立てるネックレスはコレ、上半身がもたついて見えるときはロングネックレス…などなど、自分の中でアクセサリーのルールをある程度決めておくと着こなしを考えるときも楽だと思います。

ネックレスは、コーディネートの完成度をアップさせ、時には主役級の働きをしたり、スパイス役として変化を投入したりと、使い方によっておしゃれを盛り上げてくれます。毎日のコーディネートやTPOに合った着こなし、また自分の体型に合ったネックレスを選んで、上手におしゃれを楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。