【保存版】女性の永遠の憧れ、ダイヤモンドのランクや選び方を教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ダイヤモンドのアクセサリーと聞くと、何をイメージしますか?おそらく多くの人が婚約指輪を思い浮かべるのでは?確かにダイヤモンドは高貴な印象で、価格も高いので、一生に一度の結婚をするときにというのが普通なのかもしれません。

でも、特別感のあるダイヤモンドをあえて普段使いすることって素敵なことだと思いませんか?本物や良質なもの、価格の高いもの、美しいものは、つけている人に自信を与え、気分を上げてくれます。

輝くダイヤモンドが、手もとや首もと、耳もとにキラリと光っているだけで、その日一日を幸せに過ごせるようなものなのです。

ダイヤモンドを一生に一度しか堪能できないなんてもったいない。ダイヤモンドのアクセサリーを普段使いで楽しんでもらうためにも、ダイヤモンドのランクや選び方をレクチャーします。シックで落ち着いた秋の装いにもダイヤモンドはぴったりなので、ぜひ参考にしてみてください。

ダイヤモンドのランクや価格はどのように決まるの?

ダイヤモンドのランクは、カラット(Carat=重量)、カラー(Color=色)、クラリティ(Clarity=透明度)、カット(Cut=プロポーション)の4つによって決まります。

頭文字をとって、「4C」と呼ばれており、4Cがそれぞれ高ければ高いほど、価値が高まり、価格も上がります。それでは、4Cをそれぞれ詳しく見ていきましょう。

カラットとはダイヤモンドの大きさ(重量)のこと

ダイヤモンドのランクについて、一番よく耳にするのがカラットだと思います。カラットとはダイヤモンドの大きさ(重量)を表す単位のこと。

4Cの中でも、素人でも違いが見分けられるほど分かりやすいものです。

カラットの具体的な大きさとは?

1カラットは0.2gで、0.1カラット=約3.0㎜、0.2カラット=約3.7㎜、0.3カラット=約4.3㎜、0.5カラット=約5.2㎜、0.7カラット=約5.8㎜、1.0カラット=約6.5㎜、2.0カラット=約8.2㎜、3.0カラット=約9.3㎜、5.0カラット=約11.0㎜と、カラット数が大きくなるにつれ、見た目の大きさも大きくなります。

この見た目の大きさは、ほかの4Cのランクより分かりやすいので、カラットはダイヤモンドを選ぶうえで重要視されやすいです。

カラットの違いによる見え方や適したアクセサリーについて

カラットの大きさによって、見え方はどう違ってくるのでしょうか。

例えば、よく見られる一般的な婚約指輪に使う大きさは0.3カラット。0.5カラットくらいの大粒ダイヤを選べば、存在感があるので、インパクトを重視したいなら0.5カラット以上を。

1.0カラットともなれば、左手の薬指に目が釘付けになるほど神々しく輝くはず。ネックレスも、一粒でも見栄えするのは0.5カラット以上。

あまり派手な印象が好きではない人は、0.1や0.2カラットを選んで、重ねづけするのも手です。カラットの大小によって、つけたときのイメージが違うので、ダイヤモンドのアクセサリーを買うときはカラットを変えて試着するようにしましょう。

ダイヤモンドのランク

 

クラリティとはダイヤモンドの透明度のこと

クラリティとは、ダイヤモンドのインクルージョン(内包物)の程度を表します。自然界には全く欠点のないきれいなダイヤモンドはほとんど存在しません。

10倍に拡大検査して、インクルージョンの有無や位置、大きさ、性質、数、色などでランクが評価されます。

どのランクのクラリティを選べばいいの?

インクルージョンがない方が良質とされ、希少価値が高く、価格も高くなります。クラリティのランクは、Fl、IF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I1、I2、I3と段階的に評価され、F1 はほぼ無償のきれいなダイヤモンドで、I3になると肉眼でもインクルージョンを発見できるほどランクが下がります。

SI1以上であれば、パッと見てインクルージョンが目立つことはないので問題ないと思いますが、透明度の高いものが欲しいときはVS2以上のランクがお勧めです。

カラーとはダイヤモンドの色のこと

カラーは、無色で透明に近いものほどランクも価格も高くなります。無色透明のカラーを最高のDとし、黄色味を帯びるにしたがって、以下EからZまでの23段階に評価されます。

カラーのランクはどれくらいがベスト?

白色系のダイヤモンドは無色に近いほど高評価がつけられます。無色透明にこだわるのであれば高ランクのダイヤモンドがお勧めですが、一般的な美しさを求めるのであれば、Gカラーくらいでも全く問題ありません。

ダイヤを留める台座がゴールドの場合、台座の色がダイヤモンドに映りこんでしまい、ハイランクの無色のダイヤを選んでも指輪にすると少し黄色く見えてしまうことも。ゴールドを台座に使うときはご注意を。また、ピンク、ブルー、パープルなどの色味を帯びたダイヤモンドは、白色ダイヤとは別の分類評価になります。

ダイヤモンドの選び方と評価方法

カットとはダイヤモンドのプロポーションのこと

ダイヤモンドの美しさに大きく影響するのがカットです。婚約指輪で人気の高い「ラウンドブリリアントカット」は、光を最も効率よく光学的に反射させる形として考えだされ、一番人気のカットです。

今までの4Cは石自体のクオリティでしたが、カットは人による技術が評価を決定づけます。

カットの善し悪しが輝きの善し悪しに比例する

ダイヤモンドはカットによって見え方が異なり、カットの善し悪しが輝きの善し悪しに関係します。また、カットは人間による技術が影響するので、進化や流行などもあります。

ランクは高評価のものから、エクセレント、ベリーグッド、グッド、フェアー、プワーとランクが落ちていきます。

基本的にはグッドカットくらいのランクであれば十分にきれいです。どんなにクラリティやカラーがいいものでも、カットが悪くてはダイヤの輝きがなくなるので、カットを重要視する人も多いです。

ダイヤモンドのランクの中で一つだけ人の技術に関わるカットは、日々進化しています。カットグレードの最高品質であるエクセレントの中で、さらに優れているとされる、ハート&キューピットやトリプルエクセレントと呼ばれるカットもあります。

ダイヤモンドのランク

ダイヤモンドのアクセサリーの選び方について

ダイヤモンドのアクセサリーを選ぶときは、カラットとカットが決め手になります。見た目の大きさと輝きは、つけたときの印象や華やかさ、インパクトに繋がります。

リングやネックレスは、少々大きめのダイヤモンドを選んでも問題ありませんが、ピアスは顔の近くにつけるものなので、程よい大きさの方が上品に見えます。ネックレスとピアスの両方がダイヤモンドの場合、ネックレスよりピアスの方を小さめにしましょう。ピアスが小さい方がバランス良く見えます。

婚約指輪は存在感が大切なので、大きめの石を選んだ方がもらう相手の喜びも大きそう。誕生日や記念日などに贈るダイヤモンドのアクセサリーは、重ねづけ用や洋服を引き立てるポイント用に小さめのものでも問題なさそうです。

シチュエーションによっても選び方を工夫すると、より思いのこもった、思い出のアクセサリーになるかもしれません。

ダイヤモンドは光を放ち、目を引く石です。大きければ、より輝けばいいというものではなく、自分に合っていることが大事。あまりにも大きくて輝くダイヤモンドをつけて、アクセサリー負けしないようにしてくださいね。

ダイヤモンドの選び方

まとめ

ダイヤモンドのランクや価格がどのようにして決まっているのか、少しでも分かっていれば、より良質なダイヤモンドを選ぶことができ、思いも強くなるはず。

美しくて高貴なダイヤモンドを、あえて普段使いのアクセサリーとして、ワードローブにプラスしてみましょう。きっと、今まで感じたことのない気持ちやムードを堪能できるはずですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。