豆知識

指輪をはめる場所には意味がある!10本の指に込められた願い

1f5f074ec6e0e313e36b59e7d8139f15_l2

普段何気なく身につけているアクセサリーのひとつである「指輪」を、どの指に着けていますか?例えば、左手の薬指に着けるという結婚指輪の歴史は、古代ローマ時代にさかのぼります。

古代ローマ時代に、指輪はすでに存在しており、「相手との約束を必ず守る」という、約束の履行を誓う印として鉄の輪をお互いにはめる習慣がありました。これがいつしか、鉄の輪から金の指輪になり、結婚を誓うものの象徴として贈るものになりました。

左手の薬指だけではなく、着ける指によって、指輪の意味や得られるパワーが違うことをご存知でしょうか。指によって違う指輪の意味を詳しくご紹介していきますので、指輪が欲しいけど、どの指にはめよう?と迷ってしまった時や、ギフトとして贈る時の参考にしてみてください。

続きを読む

【保存版】アクセサリーの起源とモチーフに込められた意味

29201015cd9c18dbe50a1516215764ae_l2

ネックレスやブレスレット、ピアスなどのアクセサリーは、オシャレには欠かせないアイテムです。今現在でこそ、おしゃれとしての装飾品というのが当たり前になっていますが、アクセサリーが生み出されたはるか昔では、どのような存在だったのでしょうか?

そして、アクセサリーにつけられたモチーフは、西洋では形に出来ない想いを伝えるものとして誕生しています。そのモチーフごとに込められた意味とはどんなものなのでしょうか?アクセサリーの起源と、モチーフの意味について詳しくご紹介していきます。

続きを読む