リング

素肌になじんでさりげなく輝く!スキンジュエリーの魅力

温かい日が多くなり、春の訪れを感じ始めるこの時季。重いコートを脱いで、ファッションも清々しく軽快になる季節です。首もとや手もとの露出が少しずつ増えてくると、アクセサリーのおしゃれも楽しみたいものですよね。

そもそもアクセサリーは、肌に直接つけるもの。アクセサリーを印象的に見せ、肌もきれいに見せてくれる。そんな肌と相性がよく、なじみがいいものをつけるのがオススメ。

今回は、スキンジュエリーという、肌にさりげなく調和するアクセサリーをご紹介します。少しずつ薄着になってくる季節に欠かせないアイテムです。

素肌になじむ!スキンジュエリーとは

スキンジュエリーとは、一見肌と一体化して見えるような、華奢で肌なじみのいいアクセサリーのこと。

ネックレスだったら細めのチェーンに小さい一粒の石、リングだったらセットになっているような細くて華奢なデザインといった、肌にしっくりと溶け込むようなアクセサリーのことをいいます。

柔らかく自然なムードを演出でき、コーディネートにプラスすると、少しだけ気分を高めてくれる、さりげない存在感が魅力のアクセサリーです。

いつもの日常をアップデートしてくれるスキンジュエリー

スキンジュエリーは、主張は強くないですが、控えめで上品な女性らしさを演出してくれます。顔周りや手もとをさりげなく彩ってくれるので、通勤スタイルや友達とのランチはもちろん、彼とのデートや卒業式、入学式などのフォーマルな着こなしも、シーンを選ばずつけることができます。

また、どんなアクセサリーとも相性が良く、コーディネートしやすいところも魅力。スキンジュエリーを重ねても、派手なアクセサリーにレイヤードしても、しっくりまとめてくれます。

デコルテにキラリ!自然体で心地よいスキンネックレス

華奢なチェーンに、さりげないワンポイント。デコルテにすっとなじんで、ヌーディーな輝きで首もとを彩るスキンネックレスは、軽やかに身体にフィットして、常につけていたくなるような、自然で心地よい印象を与えます。

気負わない品格や女性らしさを見せてくれる、一つは持っていたいアイテムです。

華奢なチェーンに一粒の石!まず揃えたい定番ネックレス

スキンジュエリーのネックレス
「スキンジュエリーのネックレスといえばコレ!」といえるくらい、スキンジュエリーの定番な基本モデル。可憐な花のように一粒石が輝き、首もとのワンポイントに。スキンジュエリーの場合は、なるべく小さい石を選んだ方が、より素肌になじみます。

重ねづけにも重宝!ラウンド型のバーモチーフ

シンプルなスキンジュエリー
一見、チェーンのみのネックレスに見えますが、ラウンド型のバーがポイントになっている、シンプルなネックレス。どんなアクセサリーとも合わせやすいので、重ねづけアイテムとしても使えます。

まずはここから!首もとにスキンネックレスを2連

2連のスキンジュエリーのネックレス
スワロフスキーがアクセントになったネックレスと、シンプルなチェーンの2連コーディネート。基本的にシンプルなネックレスなら、どんなタイプでも重ねづけできます。正面から見たときにベストなバランスになるように、チェーンの長さを変えると◎です。

さりげなく耳もとに光を灯すスキンピアス

風で髪がなびいたときや、髪をかきあげたときなどに、さりげなくキラッと光る耳もと。一瞬なのに、もう一度見たくなるような。

そんな印象を残すスキンピアスは、はかなくも存在感のある、そんなアイテムです。少しツヤのある大人の女性の美しさを演出してくれるスキンピアス。その力を借りて、少しだけ女性力をアップしてみましょう。

シンプルなスキンアクセサリーは通勤スタイルにもおすすめ!

スキンジュエリーのピアス
小さな石が連なった、シンプルでタイトなデザイン。知的で品のある大人の耳もとを演出してくれます。ほどよく顔周りを明るくするので、通勤スタイルにも使えそう。こちらはノンホールピアスなので、ピアスホールが開いていない人もつけられます。

視線を独り占めできる揺れるタイプもスキンピアスで

スキンジュエリーのチェーンピアス
華奢なチェーンが特徴的なアメリカンピアスは、先に施された一粒の石が光る繊細なデザイン。ゆらゆらと揺れながら煌めく耳もとは、全方位から視線が集まります。

スキンリングで女性らしさが宿る指先に

その人の性格や人となりが表れている手や指先。時に女性らしく、時に繊細に…。スキンリングで指先を彩ってみませんか?細くて華奢なリングなら、ひとつでも、重ねてレイヤードしても、指先から女性らしさが香ります。

セットになっている場合は、そのまま1本の指に重ねたり、違う指にコーディネートするのもおすすめです。

ヌーディーなスキンリングで目を惹くレイヤードを

スキンリング
テクスチャーの異なる3本のスキンリングを重ねづけ。存在感がありつつ、女っぽさも感じさせる指先に。小指には華奢なピンキーリングをプラスして、可憐な雰囲気を加速。

シンプルにまとめたいときは人差し指で勝負!

2連のスキンリング
2連のスキンリングは、目を引く人差し指で際立たせて。指先をシンプルにする分、手首に華奢なチェーンブレスレットを加えてアクセントに。

スキンジュエリーで自由にレイヤードを楽しむ

肌になじむスキンジュエリーだからこそ、重ねづけは楽しみたい。何層にアクセサリーを重ねても、うるさく見えないところがスキンジュエリーのよいところ。レイヤード初心者もトライしやすいので、ぜひ参考にしてみてください。

スキンジュエリーならここまで盛ってもOK!

ネックレス+リング+ピアスがセットのスキンジュエリー
ネックレス+リング+ピアス2点と、たくさん盛っているのにうるさくならないのがスキンジュエリーの最大のメリット。上品な印象のまま豪華にできるので、何通りものレイヤードが楽しめ、シンプルなデザインは重ねづけしても失敗がありません。

まとめ

つい派手なデザインを選んでしまいがちなアクセサリーですが、華奢で控えめなデザインこそ、肌を美しく、女性らしさを際立たせてくれます。顔周りも手元も、肌になじむスキンジュエリーを味方につければ、ぐっと女っぽさが増して、あなたの魅力もアップしそう。

コーディネートに少し彩りを加えたいとき、ちょっと気分を上げたいときなど、スキンジュエリーが今よりウキウキさせてくれて、毎日の装いを少しだけランクアップしてくれるかもしれませんよ。

冬ならではの手もとを楽しみたい!冬のファッションに寄り添う手もとのコーディネート術

ふんわりニットやこっくりカラーといった、冬ならではのおしゃれを楽しめるこの時季。季節に合わせてファッションをチェンジするように、アクセサリーも冬コーデにシフトしてみませんか?

今回は、冬のファッションと手もとのアクセサリーのコーディネートをご提案!最も手もとが美しく見えるルールに従って、今までにないスタイリングで冒険的に…。冬カラーとの相性からリングのレイヤードテクニック、ブレスレットの合わせ方、似合うネイルカラーなど、参考にしてみてください。
続きを読む

「リングが抜けない」って思ったら…手のむくみとリングにまつわる豆知識!

「会社帰りのショッピングでリングを試着したら抜けなくなった」とか、「朝の身支度でリングのコーディネートを考えていたら外せなくなった」、「長年つけているリングを外そうと思ったら取れなかった」といった、リングが抜けなくて困った経験、ありませんか?

「リングが抜けない」と思うと動揺してしまい、余計取れなくなってしまった…なんてことも。そもそも、リングが抜けなくなる原因は何なのでしょう。リングをはめることはできたのに、なぜ外せなくなってしまうのでしょうか。

今回は、リングが抜けなくなってしまう原因、リングを外す方法などについてお届けしたいと思います。

続きを読む

身近なもので測れる!楽ちんリングサイズの測り方!

ファッションアイテムとして、はたまた結婚指輪として、指先を彩るリング。指のサイズを知らなければ、自分に合ったリングを付けることはできませんが、サイズを測ったことがありますか?なんとなく自分のサイズを分かったつもりでいませんか?

しかも、指は左右5本ずつあり、それぞれサイズも違うはず。より指先のおしゃれを楽しむためにも、正確な自分のリングサイズを知っておきましょう。

といっても、難しければ測りたい気持ちもなくなってしまうので、家にあるもので簡単に測れる方法を紹介。指から測る方法とリングを使って測る方法があるので、この機会に自分のリングサイズを調べてみてください。

続きを読む

リングも重ねづけで印象が違う!見栄えする指先レイヤードの基本

アクセサリーも洋服と同じように重ねづけをして、目を引くアクセントにしたり、おしゃれのクラスアップをはかったりと、レイヤードを楽しむ人が増えてきました。ネックレスもブレスレットもリングも、さらにはピアスまで、重ねづけをすることができますが、今回は「リング」をピックアップ!

重ねづけの基本から、モチーフによる見え方の違い、コーディネートの応用と、指先のおしゃれを実践してみました。

続きを読む

指輪をはめる場所には意味がある!10本の指に込められた願い

1f5f074ec6e0e313e36b59e7d8139f15_l2

普段何気なく身につけているアクセサリーのひとつである「指輪」を、どの指に着けていますか?例えば、左手の薬指に着けるという結婚指輪の歴史は、古代ローマ時代にさかのぼります。

古代ローマ時代に、指輪はすでに存在しており、「相手との約束を必ず守る」という、約束の履行を誓う印として鉄の輪をお互いにはめる習慣がありました。これがいつしか、鉄の輪から金の指輪になり、結婚を誓うものの象徴として贈るものになりました。

左手の薬指だけではなく、着ける指によって、指輪の意味や得られるパワーが違うことをご存知でしょうか。指によって違う指輪の意味を詳しくご紹介していきますので、指輪が欲しいけど、どの指にはめよう?と迷ってしまった時や、ギフトとして贈る時の参考にしてみてください。

続きを読む